病院の入院で身元保証人をお探しの方、一人で今後が不安な方はご連絡下さい。

 

「一般社団千葉楽生会」千葉市にお住まいの方で何かあった時に頼る人がいないご高齢の一人暮らしの方・ご夫婦だけでお暮しの方

『見守りからお亡くなりになった後までまるごとサポート』をしている会社です。

 

 千葉楽生会=「身元保証人」プラス α

 

入院や施設入所時の「身元保証人」、それは単にお金の保証だけではありません
入院中に意識がなくなったり、お亡くなりになることもあります。転院が必要になったり、そのまま施設へ入所せざるを得ない場合もございます。そのような時にその方のその後のためにも「身元保証人」が必要となるのです。実際入院・入所となると手続きやご準備もあります。当事者であるご本人では出来ないことが多くございます。私たちはこのような時も身近でサポートもいたしますが、それだけの「身元保証人」というだけでなく、その前段階の「緊急時連絡先」や普段の生活でのお手伝い、お身体が動かなくなってきた時、ご逝去後の死後手続きも安心してお任せいただけます。

 

*今日明日で入院しなければならいない場合には残念ながら対応することができません。「身元保証人」をお引き受けするためには、所有されている財産の確認(お金の保証もするためです)やご契約が必要となります。

 

 

必要となるご契約

・見守り契約 ・委任任意後見契約 ・死後事務委任契約

・(公正証書遺言作成)

 

 

      

 

千葉楽生会でお手伝いできること

見守り契約(入院時の身元保証人)
→「緊急時連絡先」となります。外出時には弊社がお渡しする「緊急時連絡先カード」を携帯下さい。自宅で何かあった時には、社外見守りサービスの警備会社のガードマンが駆け付け。その後の対応もお任せ下さい。
入院が1か月を超えなければ身元保証料はいただきません。(入院が1か月を超えるごとに11,000円いただきます。そのためあらかじめ身元保証料に充てるための金30万円をお預かり致します。)

日常生活サポート
→介護保険外での、病院への同行や入院の準備、おつかいなど、ちょっとしたお手伝いを致します。

委任契約
施設入所時の身元保証人となります。通帳の管理や行政への手続きなど代わって行います。
施設へ入所されなくても財産の管理や第三者とのご契約等を自分でするには大変という方もご利用いただけます。

任意後見契約
→万が一認知症になった時の財産管理や認知症と判断された後でも引き続き希望される生活を続けていくために必要なご契約です。*提携している行政書士が担当致します。

死後事務委任契約
→お亡くなりになった後のお手続きをお任せ下さい。又、遺言書を作成していただくことで財産についてもご希望されるところにお渡し致します。

任意後見契約が始まったら(認知症になったら)解約は家庭裁判所の許可が必要となりますが(契約された方がきちんと判断できる状態ではないため)、それ以前であれば、上記ご契約はいつでもご解約していただくことができます。

 

公正証書遺言作成サポート
→私どもが「死後事務」をさせていただく際に、ご葬儀代、施設や病院への清算、遺品整理など第三者へ支払うものがございます。弊社では原則お金をお預かりすることは致しません(預託金30万円を除く)。お亡くなりになった後の財産(相続財産)は相続人の財産となります。そこで遺言を書いていただくことで私どもが死後事務を行える分を使えるようにしていただきたく遺言作成をお願いしております。

 

 

 

千葉楽生会では身元保証や緊急時連絡先だけではありません。
千葉市にお住まいの頼る人がいない方の見守りはもちろん、ちょっとしたお手伝いや困ったことのご相談。
お亡くなりになった際の葬儀社への引継ぎや納骨、遺品整理もお任せ下さい。

 

兄弟とは仲が悪く、この先不安でいましたが、この会社を知った時に光が見えた気がしました。

千葉にこんな会社があったんですね。将来が安心です。

このような有難いお言葉もいただく一方で…

 

 

今すぐに「身元保証人」が必要ではないんだけど


 

死んだ後のことや「何かあった時」のことを考えるのは、まだ早い。

ほかの人(頼る人がいない「おひとり様」)はどうしてるの?

このように先延ばしにしている方や決断できない方もいらっしゃいます。

 

 しかし…

 

日本人の健康寿命の平均

男性72.14歳  女性74.79歳

 

 

この年齢を超えていれば、いつ何があってもおかしくはありません。
「もっと年をとってから依頼する方が毎月かかる費用が浮く(毎月かからないご契約もございます)」とのお考えもあるかもしれません。しかし早くに依頼しておけばその分「いつ何があっても大丈夫!」と安心できる期間が長くなるのです。

 

 

 

初回時にかかる費用
*『身元保証人』をお探しの方も必要となります。

契約書作成料 & 戸籍謄本等収集

金37万円 *分割払い可

預託金(お預かり金)

金30万円

*金額の変動がない月であっても、毎月金額をご報告致します。

 

契約書作成のためにご準備いただくもの

・印鑑証明書 2通
・本人確認証(運転免許証やマイナンバーカードなど)
・所有財産を確認できるもの(詳細はご案内致します)
・エンディングノート(詳細についてはご案内致します)

 

 

 

毎月かかる費用

見守り契約

基本は無料

 (オプションをつけた場合 金3,300円)

 

委任契約、任意後見契約は契約がスタートしてから毎月費用が発生致します。(所有されている財産により報酬は変動致します。金27,500円〜/月。)契約をしただけでご契約者様の意思で(又は認知症にならなかった場合)契約の内容をスタートしなければ報酬は発生しません。

*毎月かかる費用の詳細につきましては各ページをご覧下さい

 

 

 

お亡くなりになった後に発生する費用

@ 死後事務の報酬

ご依頼される内容により変動致します。

 

A 遺言の内容を執行する報酬

財産の1.5%又は220,000円のうち高い方

 

 

*上記の各金額は、弊社(又は提携の行政書士事務所)への報酬となります。公証役場の手数料、死後事務の葬儀会社への代金など第三者へ支払うお金は含まれておりません

 

 

 

 

とは言ってもこんな大金、今すぐには払えないよ…


 

まずは、最初にかかる費用のうちの預託金(30万円)と着手金(10万円)をご準備下さい。残りの27万円は分割払いが出来ますのでご安心下さい。
『死後事務の報酬』と『遺言の内容を執行する報酬』は、お亡くなりになった後に発生するものです。
弊社では、預託金(金30万円)以外のお預かり金は原則ございません。
お亡くなりになった後の財産からご精算、又は保険金を充てていただいても結構です。

 

 

 まずは無料セミナー無料相談をご利用下さい!

電話:043-290-6505 千葉楽生会♪

メールは24時間受け付けております

 

無料セミナー開催日
*現在新型コロナの感染が急増しているためセミナーの開催は見送っております。
お気軽に個別の無料相談をご利用下さい。

 



電話:043-290-6505  営業時間:平日9:00〜18:00

 お気軽にお電話下さい♪